介護福祉施設を建築する際の業者選び

介護福祉施設を建築するのであれば業者の選び方は重要で、中でもどれだけの施工実績があるのかを見ておきたいです。

なぜなら介護福祉施設というのは、一般的な建物を建築するのとはかなり違ってくるからです。バリアフリー設計にしておく必要がありますし、手すりの高さなどにも配慮がいります。さらにナースコールの機械はどこに設置するのか、洗面台はどんなものを使えば良いのかを決めなければいけません。そこで慣れた建築業者に頼むことで、失敗を減らせるのです。

加えて、図面の作成から施工に至るまで、トータルで管理してもらえるところに依頼できるのが理想的です。これらが別々の場合、その都度打ち合わせが必要です。ところが窓口が一つであれば回数を減らせます。さらに指示に関しても、現場に伝わっていないといったトラブルを防ぎやすくなります。それからスムーズに作業ができますから、介護福祉施設をオープンさせる日に間に合わないということも避けられます。そして何よりも、仲介料が発生しないため、予算を抑えられるなどのメリットがあります。

最後に、めぼしい建築業者を見つけることができたのなら、過去に手がけた介護福祉施設を見学させてもらいましょう。そうすることによって、希望している建物を建てられる業者かどうかを判断する材料にできます。他にも施設で働いている人たちに話を聞いておけば、使い勝手はどうか、アフターケアは充実しているかがわかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *