介護福祉施設の建築時に受けられる補助

介護福祉施設とは介護保険が適用される介護サービスを受けられる施設です。

介護福祉施設は社会福祉施設に含まれる施設なので、介護福祉施設の建築時に国と都道府県から補助金を受け取れます。介護福祉施設を含む社会福祉施設は多くの人の生活を助ける施設であるので、民間の企業や団体が運営している場合でも補助金や特別な融資を受ける事ができます。設備の建築費用や整備費以外にも施設の経営に必要な費用を融資してもらう事もできます。

受け取れる補助金は国から建築費用の2分の1の金額を受け取れて都道府県からは2分の1の金額を補助してもらえます。補助金を受ける為の申し込みは国と都道府県に別々に申請しなければいけません。厚生労働省への申請に必要な申込書はインターネット上でも入手できますが、都道府県への申し込みの方法は各都道府県に問い合わせると良いです。補助金を受けた上で自己資金で残りの費用を捻出できない場合は融資を受ける事ができますが、整備する対象によって融資の限度額は変わってきます。

計算方法は整備費用から受けた補助金を差し引いた金額に融資率を掛けた金額もしくは担保評価額の7割の金額のうち金額が低い方が融資の限度額になります。経営資金の為の融資は1年以上3年以内に返却が必要ですが、設備の整備費用の為に融資を受けた金額に関しては融資額によって返済期限が変わります。この融資を受ける為には基本的に土地と地上権を担保にする必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *