賃貸型介護福祉施設の建築

核家族化が進み、少子高齢化が急速に進む日本で、高齢期に介護福祉施設に入所する高齢者が増えています。

これまでは、長男、長女が後を継ぐということが多かったようですが、親との同居を嫌う子供が多く、また、都市に一極集中する傾向が見られ、地方で高齢者のみの世帯が多くなっています。高齢夫婦や独居老人が多くなる地方で、介護が必要な高齢者は自宅での生活が困難となり、自宅を売却して賃貸型介護福祉施設に入居する人が多くなりました。

賃貸型介護福祉施設には様々な形式があり、毎月決められた家賃のみを支払えば入居可能な施設や予め保証金として定められた金額を支払い、毎月の利用料を支払う形式などがあります。高齢者介護福祉施設の建築には自治体や国の補助金が活用できるケースがあります。

今後、加速する少子高齢化に向けて、高齢者施設整備が進み、全国各所で建築が進んでいます。介護施設に関するビジネスは他業種からビジネスモデルの拡張を図る事業者も多く、医療関連のビジネスを展開している企業のみではなく、サービス業や飲食関連企業、冠婚葬祭業などからも新規参入しています。

介護福祉施設の建築は厳しい基準が設けられ、消火設備や耐震など様々な基準をクリアしていなければいけないため、非常に大きな費用が掛かります。また、近年介護ビジネスが競争激化しており、業界を取り巻く環境も非常に厳しいのも確かです。さらに、深刻な問題は人材確保です。補助金の活用は経営のバランスを保ち、ビジネスのサポートとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *