介護福祉施設の建築と許可申請に関すること

介護福祉施設の建築前には事業の許可申請及び建物に建設に関する許可を出す役所に対して、話をしっかりとしておくことが重要です。

建物それ自体は一般の他の建物と変わりなく許可申請を行うものであり、経験があればそれほど問題になることはありません。しかしながら介護福祉施設は介護保険法に基づく許可を受けなければならず、建築関係でも注意をしなければならないことがあります。

その点と建物それ自体の基準とを両方合わせてみながら話を進めていきます。役所への相談もそれぞれ個別に行い理解を進めていくことが大事です。役所が違う場所にある場合やその他事前に来庁前に担当者に予約を入れておく必要があるなど、いろいろなルールがあるのでその点にも注意が必要になります。

なお、介護福祉施設の建設予定の用地から話をする必要がある場合は、さらに相談や話を聞かなければならないところが増えていきますし、建築に関する注意点も増えます。このようにいろいろな条件をすべてクリアしながら話を前に進めていきますが、同時進行で関係する役所に了解を得ることも重要です。

行政側からその点について触れられることもありますが、基本的には縦割りで話が進みますので助言を期待せずに対応をすることが求められます。介護保険関係と建物関係場合によっては補助金や助成金の受給など、関係する役所の部署は多くなります。漏れがないように十分な準備をおこなうことが非常に重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *