介護福祉施設の建築と理解

介護福祉施設の建築ではその建設する場所の近隣住民の理解が必要不可欠です。

特に認知症対応型共同生活介護のように特定の疾患患者を受け入れるような場合には事前にしっかりと説明を行い、理解を得る努力が求められます。認知症対応型共同生活介護の許認可時にもそのことを指摘されるケースがままあります。

これ以外でもたとえば特別養護老人ホームの場合で介護福祉施設の建築に周囲の住民からの協力が必要な場合もあり、しっかりと話し合う場を設けて地域に溶け込む努力を行う工夫が重要です。

地域から望まれて開業をする場合もありますので一概には言えない部分もありますが、それでも話し合ってその施設が誰を対象にしたものかを説明しておくことは、今後の事業運営を円滑にする上で欠かせないものとなります。

さらに介護福祉施設の建築時には資材の持ち込みなどを行ったりしますが、その運搬には大型トラックなどが用いられます。生活道路の利用を行う場合にはこの生活道路が使用できなくなったりあるいは利用しづらくなる事態を好まない人がいることはよくあります。

したがって事前の説明で計画などを示すとともに理解を得るように説明をするわけです。なお町内会への加入問題などもありますが、常時介護が必要な人が対象となる場合には町内会側もある程度は理解をしてもらえることが多いです。ただそれでもゴミ出しなどの問題があり、相当な話し合いが必要になる場合もありますので事前の段取りが欠かせないです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *