介護施設で働きたい~有利な資格とは

日本は先進国でも類を見ないほどの少子高齢化社会です。

今後もこの傾向は続いていくため、要介護状態の高齢者の方が安心して生活できる介護施設の確保は、国を挙げての急務となっています。そしてその介護施設で働く人の確保も同様です。しかし現状、介護業界で働く人の人手は慢性的に不足しています。ですから介護施設で働きたいと言う思いを持っている人は、特別な資格を有していなくても比較的、就職に際しては叶いやすいと言えます。

ただ医療や介護に関する資格を有していると、より有利になります。まず医療系の資格としては、医師、看護師、作業療法士などの各種リハビリ職が挙げられます。また薬剤師や歯科衛生士なども、介護施設での需要が高い資格です。ただ、これらの資格は国家資格であり、かつ養成校で所定のカリキュラムを修める必要があります。そのため、家事や育児に忙しい人や、今現在、仕事に就いている人は取得自体が難しいかもしれません。そこでおすすめなのが、介護職員初任者研修と呼ばれる資格です。これは、介護業界の入り口に立った人に向けた、介護の基本的な知識と技術を学ぶための研修です。

所定のカリキュラムを修了する必要はあるのですが、この研修自体は非常に多く行われており、またそれを受けるに際して入学試験なども設けられていません。ですから、比較的、忙しい人でも受けやすい研修だと言えます。ただこの資格を有していると、介護に関する基本的な知識と技術を有していると認められ、またその後のキャリアアップも可能になることから、介護施設への就職を有利に進めることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *