介護施設と地域との交流

高齢化社会が進む中で介護施設はたくさんの地域の中で開設され続けています。

平成12年4月に施行された介護保険法も数年ごとに定期的な見直しが行われています。その過程で掲げられた地域密着型の介護施設とは、住み慣れた街で介護が必要になっても暮らし続けたい高齢者の気持ちを大切にできる支援として、地域の人が優先して利用できる介護施設となっています。地域密着型の介護施設に限らずですが、介護サービス事業所と地域交流の中で生まれる相互扶助の力は今後ますます期待されている社会資源であるともいえます。介護事業所が地域との交流する為の手段としては様々な方法があります。高齢者と一緒に近所のスーパーやお店に買い物に行くことだけでも一つの交流になります。

高齢者を社会に受け入れる土壌が生まれてくるのです。また、近隣の保育園や小学校などへ訪問したり、施設を訪れてもらうことも直接交流が出来る手段として実施されていることが少なくありません。核家族化が進む日本においては、子どもの時に日常的に高齢者に触れ合える機会を設けることは非常に重要な事であるともいえます。その他の交流方法として、介護施設が主催する介護教室や相談会などもあります。

認知症について理解を深める勉強会や介護実技を学べる会など様々な趣向を凝らした会が開かれています。その他地域密着型の施設においては、運営推進会議などで地域住民参加型の報告会が定期的に行われています。閉鎖的でなく、地域に開かれた施設が今後ますます望まれていくでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *