介護施設を選ぶ時には

日本においては、平均寿命が世界の中でも長い数値を誇り、長寿国と位置付けられています。

しかしながら、寿命と健康年齢との数値が乖離されていることは、現代社会において健康年齢の引き上げが今後の課題とも言われています。高齢化社会における日本においては、心身機能の低下により日常的に介護が必要な高齢者がますます増えている状況です。しかしながら、核家族化が進む日本において家族や親せきでその介護を全て負担する事はなかなかできません。高齢化社会を支える介護を保険制度を設定して対応していく仕組みが日本にはあるのです。

この様な社会環境の中に置いて、介護保険制度の利用による介護サービスを受ける人は増え続けています。さまざまな介護施設があり、利用者は保険を活用しながら一部の自己負担金でサービスを取捨選択ができるのです。それでは、介護施設を選ぶ時にはどのようなポイントに注意しながら選ぶべきなのでしょうか。介護施設を選択する際に一番大切なことは、実際にその施設に行って見学を行うことが大切です。施設管理者や相談員がそ見学の窓口になってくれますが、サービス内容やその施設の特徴や日常の様子や行事など、充実したサービス提供が行われている施設は、具体的な説明を行ってくれます。また、実際に利用者が過ごしている場所の見学を希望する事も大切です。

実際に直接介護をしている介護職員がどのように利用者に接しているかを直接確認が出来ます。利用者の表情も雰囲気を確認する大切な判断材料になります。また、細かい部分にはなりますが、施設内の整理整頓がなされているかも確認するうえで大切な項目であると言えます。職員に余裕がなければ、施設内の環境整備になかなか意識が行き届かないからです。衛生面や悪臭がしないなども大切な確認ポイントであると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *