介護施設にはこんな種類のものがある

介護施設には様々な種類のものがあります。

それぞれの特徴、他との違いを抑えておくことは、介護施設を選択する上で重要なことです。まずは入居系施設です。特別養護老人ホーム、介護老人福祉施設、有料老人ホームがこの代表としては挙げられます。まず特養ですが、これは終の棲家としての役割も持っていること、また公的機関が運営していることが多いため、利用料金が比較的安いことが挙げられます。

そのため、全国で入居待ちの人が多くいる状態です。老健は、病院と在宅の橋渡し的施設であるため、入居期間には制限が設けられています、その人の状態にあったリハビリに重きが置かれているのが、ひとつの特徴です。より医療的管理が必要な人、認知症や寝たきりと言った、安定しているものの症状が重い人は、介護療養型医療施設への入居が検討されることもあります。そして有料老人ホームですが、これは民間企業などが運営していることが多いのが特徴です。そのため利用料金が高くなる傾向にありますが、その分、施設そのものが充実していることも多いです。また短期間の入居が前提である介護施設もあり、この代表がショートステイです。ショートステイには、家族の介護負担の軽減と言う役割もあります。

次に通所系の介護施設です。この代表はデイサービスです。基本的には半日、食事や入浴と言った生活動作に対する支援、サービスを受け、更にレクリエーションなどを行って過ごすと言うのが一般的です。比較的、介護度の低い人が利用することが多く、家族の介護負担の軽減、また利用者の社会参加の機会創出、生きがいの創出と言った面も含んでいる介護施設です。ただし特養などに併設されているデイサービスの場合は、特養に入居している、比較的、介護度が重い人が利用することもあります。最近では、希望者がいる場合には宿泊サービスを提供しているデイサービスも増えてきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *