介護施設~ショートステイとはどんな施設か

介護施設の内、入居型の施設は、文字通り、その施設に入居をして生活を送ることになります。

介護老人保健施設のように、病院と在宅の架け橋的存在である施設の場合は、入居できる期間が限られています。しかしそれ以外の施設の場合、たとえば特別養護老人ホームなどにおいては、特別、入居期間に関しては制限が設けられていません。これに対してショートステイと呼ばれる介護施設は、入居型でありながら、介護老人保健施設のように入居期間が限定されている施設です。

では、ショートステイとはどのような施設なのかと言うと、これはショート、つまり短期間の入居を目的としている介護施設のことです。たとえば家族に介護の担い手がおり、また在宅での介護も可能だと言う人が、一時的に利用すると言うことが想定されます。そこには、ひとつは家族の介護負担の軽減と言う意味があります。また仕事や旅行などで、家族がどうしても介護を行うことができない際に、要介護者の状態の悪化を防ぐことにつながると言う意味もあります。ショートステイは、利用日数に制限は設けられていますが、そこで提供される介護サービスは他の入居型施設と同様です。

よって家族なども安心して任せることができますし、利用される方も必要な介護サービスを受けながら生活を送ることができます。ショートステイも、他の入居型の施設同様、介護保険の適用が可能です。ですから利用に際しては、要介護認定、要支援認定を受けることが必要です。上手に利用すれば、家族も本人もリフレッシュすることができるので、ショートステイの存在は頭に入れておきたいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *