介護施設、介護老人保健施設とは

介護施設には様々な種類があります。

その中には、病院と自宅の橋渡し的な立場の施設もあります。それが介護老人保健施設、通称、老健と呼ばれる施設です。この介護施設ができる以前は、病気や怪我などをして介護が必要な状態になった人は、医療機関に入院をして生活をすると言うのが一般的でした。

しかしこれが、医療保険の財政を圧迫させている原因のひとつとなっていました。また、少しリハビリなどを行えば在宅での生活を送ることができる人を入院させておくのは、その人の生活にとっても良くないと言う声も上がったことから、老健が誕生しました。

つまり老健は、病院のような機能を持ち合わせつつ、その人の在宅復帰を目的としたリハビリを提供する入居系の介護施設と理解することができます。よって他の入居系施設、たとえば特別養護老人ホームなどと比較すると、まずは入居できる日数に制限が設けられていると言う点が挙げられます。老健利用者は、在宅復帰を目的としていることが想定される人たちです。

よってリハビリ職指導の元、リハビリを行い機能の改善を行ったり、生活リズムを整えることで、自宅での生活を目標とします。一方の特養は、終身入居も可能です。これはいわゆる終の棲家としての側面も、特養は持ち合わせているためです。

また一時的に要介護状態が発生したり、その状態が重くなった場合には、老健ではショートステイと呼ばれる、短期間入居するサービスを利用することができます。これもやはり、その期間内で状態の改善を目指すためです。対して特養は、ショートステイの側面は持ち合わせていないので、この点も大きな違いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *