事業の資金繰りに困ったらビジネスカードローン

subpage1

事業を始めた頃に心配なのが資金繰り。
急な出費や思わぬところでお金がかかるなど、お金のやりくりに悩まされるものです。


そんなときは法人向け・個人事業主向けのカードローンを利用してみましょう。


一般のカードローンは事業資金に使うことができないので、いざというときに困ります。

ビジネスカードローンであれば、事業に関することであれば用途は自由です。
反対に生活費や事業に関係ないことでは使えませんので、申し込みの際は注意してください。

おすすめのファクタリングの詳細は専用ホームページで紹介しています。

例えば、設備投資や運転資金などには利用できますが、入院費を賄ったり、生活費の足しにはできません。



あくまでも資金繰りに困った際のカードローンです。

ビジネスカードローンは、銀行でも民間でも取り扱っています。どちらを選ぶかは事業の状態次第ですが、どちらもメリットとデメリットがあります。
銀行の場合は金利が低いメリットがありますが、審査が厳しい・銀行によっては担保や保証人が必要などのデメリットがあります。



反対に民間は融資を受けやすいメリットがありますが、金利が高めに設定されています。

資金繰りに悩んでいるときは、つい目先の利益に目が行ってしまいますが、本当にそのビジネスローンが最適かをよく考えてから申し込んでください。また、ビジネスカードローンは、登録番号を詐称している悪徳業者が経営している金融業者もあります。

主にFAXやホームページで集客していますので、利用しないように気を付けましょう。