資金調達を円滑に行うための資金繰り

subpage1

資金繰りとは、会社の収入と支出のバランスを調節して、現金が不足する事態を防ぐことを意味します。

納得の即日のファクタリングの詳細はこちらで簡単に調べられます。

帳簿上では利益が多く黒字経営をしていても、売掛金や手形による決済が多いと実際の入金が後になり、実際に使えるお金が不足していることもあります。


現金が足りていない時に、大手の顧客が突然倒産して入金不可能な場合は、煽りを食って連鎖倒産の憂き目に合う可能性もあります。


また、その月は持ちこたえても、次月に家賃や水道光熱費、仕入れ代金の支払いがあった場合に困窮してしまうことも考えられます。


常に現金の流れを把握し、資金繰りを上手にする必要があります。不幸にも現金がショートしそうな状態に陥ったら、相手先に頼んで支払いの時期をずらしてもらったり、手持ちの利用頻度の少ない物や財産を担保にして融資してもらったり、売掛金を担保にして融資を受けるか、債権譲渡をして現金を融通してもらったり等、と現金入手のための方策を練りましょう。



現金が不足しないための資金繰りとしては、常に自由に使える現金が手元にある状態を保つようにしましょう。売掛金や手形取引の場合は、基準を作り、一定額以上になる場合は内金を入れてもらうのも有効な手段です。


また、敢えて黒字経営であっても、困った時の備えとするために銀行や信用金庫等から借り入れを申し込んでおくのもいい方法です。
黒字の場合なら、審査が厳しいと言われている金融機関の審査も通りやすいと考えられます。



税理士や経営コンサルタントと顧問契約を結んでいる場合には、仲立ちをしてもらえたり、契約時に口添えしてもらえる場合もありますので、事前に相談してもいいでしょう。